えがおのDHA・EPA

青魚の健康成分として知られているDHAとEPAに、さらにアスタキサンチンをプラスしているサプリメントが「えがおのDHA&EPA」になっています。
まず、DHAとEPAというのはどうして健康成分と言われているのでしょうか。
この二つは青魚に含まれている必須脂肪酸と言われている脂肪酸で、人の身体の中では合成することが出来ない成分になっています。
毎日1000mg以上のDHAやEPAを摂取することが推奨されていますが、なかなか普段の食生活では摂取できない成分になっています。

 

さらに、DHAやEPAは青魚の調理方法によっては大幅に減少してしまいます。
塩焼きなどで食べると美味しい青魚ですが、焼いて食べると約68%も減少してしまうんです。
このDHAやEPAをえがおのDHA・EPAであれば一日の摂取量である3粒で、DHAであれば408mg、EPAであれば44mg摂取することが出来るんです。
このDHAやEPAは酸化しやすいという弱点がありますが、この酸化をを防ぐのがえがおのDHA・EPAにプラスされているアスタキサンチンです。

 

アスタキサンチンは酸化防止の役割もありますが、強い抗酸化力がある成分でもあります。
自然界では最高レベルの抗酸化作用を持つアスタキサンチンをプラスするだけではなく、さらにトマト由来の健康成分であるリコピンや、大豆レシチンなども含んでいるのが、えがおのDHA・EPAなんです。

関連ページ

やずやの青魚の知恵
やずやの青魚の知恵について紹介しています。
サントリーDHA&EPA+セサミンEX
サントリーのDHA&EPA+セサミンEXについて紹介しています。
さくらの森「きなり」
さくらの森のきなりについて紹介しています。
AOZA
AOZAのDHA・EPA・オメガ3が入ったサプリメントの紹介ページです。